東皮膚科 > 診療案内 > 各種ワクチン

各種ワクチン

各種ワクチン

ワクチン摂取

 インフルエンザワクチン(期間限定)

原則ワクチンは保険が使えません。通常の保険診療と異なり保険証をお持ちいただく必要はありません。

しかし高齢者には宮崎県民であれば市町村の補助があり、所定の書類(東皮膚科に置いてます)を書いていただければ自己負担金は少額で接種できます。ただしこの制度を使えるのは期間が決まっていて10月~12月だけです。

体調が悪くてワクチン接種を逃してしまい1月になってしまっても、高齢者の方も接種できます、ただし市町村の補助はありません。

ワクチン接種開始の時期ですが、ワクチンの生産が年によっては遅くなることがあり、10月に間に合わないこともあります。早い時期にご希望の方はワクチン在庫を電話でご確認ください。

生産量が少ないと不足する年もあります。その年に流行しそうな型を予想し、それに合わせてワクチンを作るので、原材料の不足や何らかの理由でうまく作れないということもあります。そういう年はニュースでも報道されますし、作りだめができない「なまもの」なのでご理解お願いいたします。

水痘・帯状疱疹ワクチン(要予約)

帯状疱疹ワクチン接種をするとその後しばらくは帯状疱疹になりにくくなります。免疫の落ち方は個人差があるので接種間隔をどのくらいにするべきかについての結論は出ていません。

こちらも保険は使えません、ご希望の方は接種いたします。